リハビリテーション部門 基本方針

  • 患者様の期待や信頼に応えるリハビリの提供に努めます
  • 安心安全なリハビリの実施に努めます
  • より効果的な治療を行うために一人ひとりが自己研鑽に努めます
  • リハビリテーションを通じて地域医療に貢献します
  • 後進の育成に努めます

理学療法とは?

運動療法・物理療法を中心として、寝返りや起き上がり、座位保持などの基本動作や、歩行・移動動作(車椅子・歩行器なども含む)の身体機能の回復・維持を図るリハビリテーション医療の一つです。

運動療法とは?


脚の筋肉を伸ばしているところ

筋力・関節可動域・バランス能力・痛みの改善・心肺機能の改善などを通じて、日常生活活動(起きる・座る・立つ等)・歩行などの身体運動能力を高める治療法。

物理療法とは?

温熱療法・水治療法・光線療法・電気療法等を用い、身体各部の痛みや代謝の改善を図る治療法。


電気療法を行っているところ

日常生活活動訓練とは?

日常生活を円滑に行うために必要な動作の助言・指導・訓練等を行います。
状況に応じては、自宅退院にあたっての家屋調査及び家屋改造の指導も行います。

当院での主なリハビリテーションの対象疾患

中枢神経疾患
・脳出血
・脳梗塞による片麻痺
・パーキンソン病など
運動器疾患
・変形性関節症
・腰痛疾患
・肩関節周囲
・腱鞘炎
・スポーツ外傷など
呼吸器疾患
・慢性閉塞性肺疾患(COPD)
・気管支喘息
・肺気腫
・肺炎など
当院のリハビリテーション部門は理学療法部門のみです。作業療法及び言語聴覚部門はありません。
また、上記以外にも、各種疾患によって機能が障害・低下された状態のリハビリテーションも行っています。お気軽にご相談下さい。(TEL:0889-26-1123)

※現在、新型コロナウイルス対策の為、リハビリ室への御家族様の同行をお断りしております。
何卒ご理解ご協力の程宜しくお願いします。

訪問リハビリテーション

医療保険が適用できます

当院では在宅への訪問リハビリも行っております。お気軽にご相談下さい。

主治医が当院以外の医療機関の場合でもリハビリを実施することが可能です。
主治医はそのままで、訪問リハビリだけ当院の理学療法士が御自宅にお伺いし治療を行います。
是非ご相談下さい。

理学療法士

現在、リハビリテーション部門には4名の理学療法士が在籍しています。

資格保有状況

  • 専門理学療法士(内部障害)
  • 呼吸療法認定士
  • 臨床実習指導者講習会修了者
  • 介護支援専門員
  • 准看護師

本久リハビリテーション部長

理学療法臨床実習指定医療機関

当院では厚生労働省の定める臨床実習の受け入れを行っています。

提携校一覧

  • 仙台医健・スポーツ&こども専門学校
  • 人間総合科学大学
  • 神戸国際大学
  • 四国医療専門学校
  • 河原医療大学校
  • 福岡医健
  • 琉球リハビリテーション学院

生涯学習制度(新人教育プログラム)臨床指導施設

当院は公益社団法人日本理学療法士協会が行っている新人教育プログラムの認定受入施設となっています。(登録番号2015-102)

健康教室

地域への社会貢献の一環としてリハビリ部門では「健康教室」を無償で行っています。
※現在は新型コロナウイルスの影響により当院のホームページ上にて健康体操の動画の公開しております。

設備

低周波治療器・干渉電流型低周波治療器 フィジアス

経皮的に鎮痛や筋萎縮改善に用いる神経および筋への刺激を行う。低周波治療と筋障害や疼痛障害(腰痛等)の治療を行う。

干渉電流型低周波治療の両方の機能を持っている治療範囲の広い機器です。

低周波治療器 (大)アイビスプラス (小)アイビス

経皮的に痛みのある部位、または筋障害をおこしている神経と筋に電気刺激を行い、末梢神経などに効果が高い機器です。

節電検出という機能を搭載しており、より効率よく麻痺筋へのアプローチが可能です。

腰椎牽引装置 オルソトラック・ラセディア

従来の牽引装置とは違い、椅子に座った状態から牽引姿勢に自動でリクライニングするので、痛い腰に負担をかけずに治療が出来ます。

腰部には加湿機能も搭載。また腰部を固定するベルトはエアバックによる自動締付け機能により固定ベルトによる不快感や痛みがありません。

中周波治療器 ニューロテック

片麻痺患者様の硬くなった筋(痙性筋)の抑制や、筋の痛みを除去することに特化した機器です。
超音波治療器 インテレクトモバイルUS

筋肉や神経、腱(結合組織等)の痛みを軽減させたり、筋の痙攣、関節性拘縮の改善に効果的な治療機器です。

変形性膝関節症や手根管症候群の患者様に使用します。

マイクロ波治療器 マイクロサーミー

マイクロ波はより深部を加温することが可能な機器で、腰・肩・膝等あらゆる部位に使用できます。

当院のマイクロ波は一般のものよりも出力を上げることが可能で、温熱効果を効率的に加えることが出来る機器です。

平行棒(5メートル)

当院のものは5メートルと比較的長いものを使用しています。

歩行訓練だけではなく、段差昇降やバランス訓練、筋力強化訓練等にも使用します。

低周波治療器 パルスキュアー・プロ

鎮痛と筋委縮改善に用いる機器です。

機器本体が小型であるため、デッドサイド(病棟)での治療が可能です。

急性発症した腰痛や末梢神経麻痺筋に対して使用します。

低周波治療器 パルスキュアー

主に局所におこった痛みに対して低周波を通電し治療を行う機器です。また、通電後の除痛効果が長いことが特徴です。

末梢神経麻痺や三叉神経痛などに用いることの多い機器です。また、弱くなった筋(細い筋)を刺激して機能改善を行います。

テーピング一式

障害をおこした関節、筋に対してテーピングを行うことで正常な動きに戻し、治療を行います。また、弱った関節や筋肉靭帯を補強し、痛みを緩和したり、障害を予防することが出来ます。

また、過去に受傷して不安がある方にテーピングを行うことで、パフォーマンスの向上に寄与します。

(小児)学童期から対応しています。